現在位置:Yahoo!カレンダー > 使い方ガイド > 同期してどこからでも予定をチェックする

ここから本文です

同期してどこからでも予定をチェックする

iOS 3.0以降を使用している場合、パソコンにつなげずにiPhoneまたはiPod touch、iPadとYahoo!カレンダーを同期して予定をチェックすることができます。

同期してどこからでも予定をチェックする

  • お持ちのiPhoneまたはiPod touch、iPadの「設定」より、「メール/連絡先/カレンダー」をタップして選択します。
  • アカウントを追加...」をタップしてください。続けて「その他」をタップし、カレンダーの「CalDAVアカウントを追加」を選択してください。
  • サーバ」の項目は「caldav.calendar.yahoo.co.jp」を入力してください。「ユーザ名」「パスワード」はそれぞれYahoo! JAPAN IDとパスワードを入力します。
  • 次へ」をタップするとあなたのiPhoneまたはiPod touch、iPadが認証され、Yahoo!カレンダーが使用できるようになります。
  • カレンダー」アプリケーションを起動すると、Yahoo!カレンダーで入力した予定が同期され、予定の確認や編集ができるようになります。
  • 「データの取得方法」オプションで「フェッチ」の間隔を選択できます。間隔は「1時間ごと」をおすすめします。
  • 「デフォルトカレンダー」に、Yahoo!カレンダー内のカレンダー名を指定すると、iPhoneまたはiPod touch、iPadでイベントを追加した際、自動的にYahoo!カレンダー上に予定として反映されます。
  • 同期設定は「過去3カ月のイベント」より少ない期間をおすすめします。「すべてのイベント」を選択すると、同期に時間がかかりアプリケーションがスムーズに動作しない場合がありますので、ご注意ください。

iCalendarのアドレスを使用して同期する

Yahoo!カレンダーは、iCalendar形式のカレンダーとして、iCalやMozilla Lightning/Sunbirdなど、さまざまなソフトウエアと同期することができます。ページ左側で開くツールバーのカレンダー一覧から同期したいカレンダーの名前をクリックし「カレンダーの共有」を選択、もしくはページ右上にある「オプション」から「共有・公開」を選択してください。

iCalendarのアドレスを使用して同期する

  • カレンダー/作業グループの公開」より、カレンダーを指定するためのプルダウンメニューから同期させたいカレンダーを選択します。
  • ページが表示されると「その他の公開方法」は閉じた状態になっていますので、クリックして開き、iCalendarのアドレスを表示させてください。
  • iCalendarのアドレスにあるhttps://calendar.yahoo.co.jp/ycal.ics?idxxxというアドレスをコピーし、お使いのソフトウエアにはりつけて設定を行うことでYahoo!カレンダーと同期することが可能です。
    ※ソフトウエアの設定方法については、各ソフトウエアのヘルプおよびサポートをご参照ください。

▲このページのトップへ